<   2008年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

アトム的個人主義

 冬期講習第2日目は小テストを行いました。その解説の中で「アトム的個人主義」のことを取り上げました。ボクの世代はアトムといえば鉄腕アトムですが(最近「プルート」という漫画にもアトムが登場するので、たぶん某首相の反応も同じでしょう)、アトムとは「原子」のことで、他者とつながらず「個人」がバラバラに生きるさまを象徴した表現です。
 「原子」は決してそのままでは「分子」にはなりません。そのように「個人」が「分子」でないこと、つまり関係性や社会性を欠くことへの問題意識を、アトム的個人主義という言葉は秘めているのです。かつて、この言葉を用いた論文試験が九州大学法学部でありました。課題文の筆者が指摘するアトム的個人主義の問題点を、ボクは解答例の中で以下のように解釈・表現しています。

 そうした状況の中では個人を包み込む装置がないため、個人の人権の保障はいきおい国家が担うことになる。また、社会との関係の中で個人が自律性を育てていくような機会がないことから、個人は国家に対して必要以上に依存するだろう。その結果、国家は国民の生殺与奪権をにぎり、全体主義の条件が整うのである。

 簡潔に表現するならば、<アトム的個人主義→全体主義>ということなのですが、一つの問題意識としておぼえておいてください。なお、このときの出題では、アトム的個人主義に対抗する概念として「間人主義」をあげています。これは浜口恵俊さんという社会学者が1980年代前半に提唱したものですが、今はあまり使われていません。グーグルで検索してもヒット件数は、ボクの名前の検索件数よりも少ないくらいです。
 このアトム的個人主義と間人主義については、千葉大学医学部の2008年後期試験で少し形を変えて出題されています。そこではアトム的自己という言葉が使われ、「周囲と切り離しがたい関係により結ばれた存在」、いわば関係的自己という自己観が対置されています。間人主義も関係的自己も同じで、人間は他者とつながることによって生きるという当たり前のことを説くものです。
 それを、わざわざ説かなければならないほど、現代社会におけるアトムの病理は深刻なのです。
[PR]
by sosronbun | 2008-12-16 23:30 | 社会科学系論文

倫理と法律

 今日から駿台の冬期講習「慶大対策論文<法学部>」が始まりました。第1日はテキスト掲載のオリジナル問題のうち2問を解説しました。風邪でのどがやられていて、けっこうしゃべりづらく、受講生は聞きづらかったかもしれません。
 授業の内容は例によって「企業秘密」ですが、一つくらいはテーマを明かしても良いでしょう。それは、倫理と法律です。慶大法は法学部らしいテーマをあまり出題しないのですが、法学部を受ける者の素養として、倫理(道徳)と法律との関係くらいは考えておいた方がいいかも・・・ということで授業で簡単な解説をしました。
 倫理は個人の内面的な規範で、法律と異なり規範を守らせるための強制力がありません。一方、法律は国家が強制力をもって、個人や団体に規範を守らせようとします。こうした基本的な違いとともに、それぞれの長所と短所を理解しておくと良いでしょう。すべてを倫理に委ねれば、基本的な約束事すら守られず社会は混乱するかもしれません。かと言って何から何まで法律で規制するような社会はとても窮屈で、場合によっては危険ですらあります。
 どういう場合に倫理で、または法律で対処したら良いのでしょう?授業でふれた代理出産の場合は、どう考えるべきでしょうか?自分自身の考えを整理しておきましょう。最近、動物、鳥へのエサやり禁止条例(罰則あり)が荒川区で制定されましたが、これも格好の素材ですね。
 現代日本の風潮は他者への寛容性が弱くなり、何でもかんでも法律で取り締まることを求めがちです。問題を起こす個人・団体も話し合いや説得の通じない人たちが多く、それが法律という絶対的規範への依存を高めています、経済分野では規制緩和が進められてきたのに、生活分野では逆に規制強化が強まる矛盾がみられます。このような世の中への関心と、問題解決への意欲を問うのが慶大法の論述力試験なのです。「そんなの関係ねえ」という人は他の大学(W方面?)に行けばいいかも・・・
[PR]
by sosronbun | 2008-12-15 23:50 | 社会科学系論文

師走で、こける

軽快に「師走」ろうとしていたら、さっそくこけました。
日曜日に39度の熱でダウン。数年ぶりの発熱です。
その日予定していた、上野ZOOの元バイト仲間とのバスツアーもドタキャン。
月・火のフォーラムや学習会も欠席。環境保護や寄付文化の話を紹介しようと思っていたのに・・・
昨日は栃木県消防学校で講演、今日は連載原稿(祝!90回)を書き上げ、
復調の兆しはあるものの、まだ頭やのどが痛い。
しばらく師は走らず、ゆっくりと歩くことにします。
[PR]
by sosronbun | 2008-12-12 00:07 | 単なる雑談

医学部受験のためのTVガイド

 受験が近づき、テレビなんか見ているヒマないかもしれませんが・・・
 医学部受験生は今月のNNNドキュメントは要チェックです。以下に日時、タイトルだけを簡単に紹介しましょう。

 ■日時 2008年12月7日(日)25:30~
 ■タイトル トリアージ 命の選別-秋葉原殺傷事件の現場から-

 ■日時 2008年12月14日(日)25:35~ ※クラブW杯の中継延長の場合は変更の可能性あり
 ■タイトル いのちに寄り添う-お坊さんがいる病院-

 詳細は こちら

 これらの番組から知識を得るのではなく、医学・医療についてアレコレ考えるきっかけにしてください。自分の将来に横たわる「難問」と向き合うことは、すごくタイヘンな受験を乗りこえるエネルギーになるはずです。
 
[PR]
by sosronbun | 2008-12-06 00:57 | 医系論文

温暖化防止フォーラム

 昨日で今年度のレギュラー授業は終わりました。最終日は医系論文だったのですが、授業のほかに個別相談、模擬の集団面接、グループ討論と立て続けにこなして、さずがに少し疲れました。まだ、冬期と直前の講習がありますが、ボクは早くも「社会復帰」モードです。
 来週の月曜日は、ボクがいるNPO主催の研究フォーラムがあります。第1部が京大の植田和弘教授の基調講演で、第2部はシンポジウムで、リコーの益子さんが企業の環境保全活動を話してくださる予定です。
 受験生は忙しいと思いますが、関心と時間のある人はどうぞ勉強に来てください。参加費は950円(スーパーマーケットみたいに値引きしたわけではありませんが半端な金額ですよね)ですが、受付けでボクを呼び出してくれれば「顔パス」で入れてあげます。

 ■日時  2008年12月8日(月)10:30~16:00 (10:00開場)
 ■場所  横浜市開港記念会館(みなとみらい線「日本大通り」駅下車1分)
 ■参加費  950円 (協賛団体の方は無料)
 ■プログラム
   <基調講演> 「環境とエネルギー」を解決する社会・経済システム(仮題)
       講師:植田和弘さん (京都大学大学院経済学研究科教授)
   <シンポジウム> 各報告と討議  ※コーディネーター:竹村英明さん
     ①エネルギーをきりかえる:竹村英明さん ISEP(環境エネルギー政策研究所)
     ②消費スタイル・くらし方をかえる:鈴木優子さん 生活クラブ生協理事長
     ③農業をかえる:長谷川満さん 大地を守る会理事
     ④働き方をかえる:島田純子さん 神奈川ワーカーズ・コレクティブ連合会理事長
     ⑤経済(産業)をかえる:益子春光さん 
                      ㈱リコー社会環境本部環境コミュニケーション推進室室長
     ⑥地域をかえる・自治体をかえる:関川朋樹さん 横浜市地球温暖化対策事業本部

 火曜日の夜は他のNPOの学習会で、地域ファンドの現状と課題を勉強します。水曜日は栃木県の消防大学校で消防・救急分野の情報公開と個人情報保護についての講演してきます。ついでに宇都宮のギョーザも堪能してきます。・・・という感じで、レギュラー授業は終わっても、やっぱり「師走」なのです。受験生の皆さんも息切れしないように、強い気持ちでゴールをめざして走り続けましょう!
[PR]
by sosronbun | 2008-12-05 14:27 | お知らせ