<   2008年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

公開授業が始まります

 今日から駿台の公開授業が始まります。ガイダンスというよりプレゼンに近いものです。授業の基本方針、構成、内容を説明するとともに、講師の「人となり」を明らかにします。それらを参考にして、生徒が授業をとるかとらないかを判断するのです。
 いつも公開授業のときに強調するのですが、これは生徒の皆さんの「選択の自由」を保障するための情報公開です。学校では授業を選択する余地がなく、「あたり」「はずれ」に一喜一憂した経験があるかもしれません。しかし、予備校では運を天に任せるのでなく、「あたり」を引き寄せるべく自分で授業を選ぶことができます。
 また、公開授業は医療における「インフォームド・コンセント」と同じともいえます。「先生」が「患者」に対する十分な説明をして、「患者」自身に「治療」の方針・方法を決めてもらうからです(公開授業は50分なので十分な説明といえるか疑問ですが…)。予備校での選択・決定は生死に影響はしませんが、「患者」は自己の選択・決定に責任を負わなければなりません。
 ボクは選択される側にあるわけですが、だからといって「お客さま」に媚(こ)びることはしません。それは偽装表示に限りなく近く、「選択の自由」を誤らせるからです。生徒の皆さんに勧めたいのは、可能であれば複数の公開授業を受けることです。選択肢がなくては選べないし、講師・授業との「相性」のようなものも学習への意欲・関心に大きく影響するからです。
 公開授業の不足を補うため、ボクの個人ホームページも紹介しておきます。PCの人は以下のリンクをクリックして、のぞいてみてくださいね。

 ○情報料理人・奥津茂樹のホームページ
[PR]
by sosronbun | 2008-04-16 10:29 | お知らせ

新学期が始まります

 宮崎台さくら祭りは約60,000人が訪れ、何とか無事に終了しました。今回もいろいろな人に助けられ、いろいろな出会いがありました。ボクがイベント好きなのは、こうした「未知との遭遇」があるからです。
 物質的に豊かな社会では、金があれば必要な商品やサービスを購入できます。こうした便利な社会で、かつ忙しい毎日の中で、一人ひとりが他者を支え、また支えられるという意味での「人間らしさ」を実感できる機会が少なくなっています。しかし、イベントをつくる側にまわると、それを実感できるので「病みつき」になってしまうのかもしれません。
 例年のことですが、祭りが終わると予備校の新学期が始まります。今年度のボクの授業は以下のとおりです。

○社会科学系論文:慶大文系、国立文系後期を対象とした講座です
  火曜日15:40-17:30 駿台横浜校
  水曜日15:40-17:30 駿台お茶の水3号館

 ○医系論文:国公立・私立医学部の論文・面接対策の講座です
  月曜日18:00-20:00 駿台立川校
  木曜日18:00-20:00 駿台お茶の水3号館
  金曜日17:50-20:00 駿台札幌校または仙台校(講義は隔週実施)

[PR]
by sosronbun | 2008-04-09 21:18 | お知らせ

さくらの季節に

 今日から新年度です。気がつけばまわりは満開のさくらです。めでたく大学への進学が決まった人もいれば、残念ながら再チャレンジを決めた人もいるでしょう。それぞれのスタートに等しく声援を送りたいと思います。
 年明けからず~っと忙しかったボクも、昨日に最後の大仕事(災害時要援護者支援に関するする調査研究報告書の作成)を終えて、ようやく一息ついているところです。この三ヶ月で3本の調査研究をまとめたのですが、1~2月は予備校の講習や地方講演の連続で、話すことと書くことのくりかえしで、さすがに、かなりばてました。CMじゃないけど、背中が固まって動かなくなった・・・ビタミン&運動不足か?
 ようやくの「社会復帰」第1弾として、地元のさくら祭りのホームページをあわてて仕上げつつあるところです。ちょっと、のぞいてみてください。

 ○宮崎台さくら祭りのホームページ

 小難しい文章を書いていた先週から、少しモードチェンジしなければなりません。ボクの担当はホームページだけでなく、ステージの裏方をはじめいろいろあるのでタイヘンです。しかし、お祭りはボクの趣味みたいなものなので、忙しいけれど楽しみながらやってます。今日は先日決まった新キャラクターを発表しました。話題になった「古都」のキャラクターよりは、かわいいでしょう?
[PR]
by sosronbun | 2008-04-01 22:38 | 単なる雑談