<   2007年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

セカンドオピニオン

 先日、駿台・八王子校の医系論文授業授業で山梨大医学部の2007年出題を取り上げました。テーマはセカンドオピニオンです。
 セカンドオピニオンとは、患者が診療に関する情報を他の医師からも入手する仕組みを言います。患者は複数の情報を得ることで、最良の選択ができます。患者本位の医療をさらに進めていくのが、セカンドオピニオンのねらいです。ちなみに、山梨大医学部の昨年の出題テーマはCS(化学物質化敏症)でした。医療に関する時事問題を取り上げ、受験生の社会に対する関心と理解をみるのが狙いだと思われます。
 さて、セカンドオピニオンの必要性は誰もが認めるところですが、実際には課題も少なくありません。課題文では、筆者の言葉を借りて、セカンドオピニオンに消極的な医師の姿が映し出されていました。セカンドオピニオンを求めるには、いま診療している第1医師の紹介状と彼がもつ患者に関するデータを、第2医師に提出しなければなりません。筆者はそれが簡単にいかない現状を嘆きます。
 設問は、セカンドオピニオンに際して、医師はなぜ出し渋るのか?セカンドオピニオンを定着させるには、どのような医師と患者との関係が必要か?と問いかけます。受験生には難問かもしれませんが、なかなかの良問です。ここでは「答え」を出さないので、自分の頭で考えてみましょう。
 セカンドオピニオンを実施している病院では、その条件をいくつかあげるのが通例です。たとえば東大病院では「主治医が了承していない場合」は、「セカンドオピニオンをお受けできない」と明示しています。それは、この仕組みが、医師に対する不信ではなく、信頼を基盤とするものだからです。この出題が問うのは、医師と患者との信頼をどうく上げていくかということでもあります。
 不信を基盤とした場合、セカンドでは足りず第3、第4、第5・・・の意見を求め、病院・医師を渡り歩くドクター・ショッピング(ドクター・ハンティングともいいます)に陥ります。まったくの偶然ですが、信州大医学部の2007年の論文がこのドクター・ショッピングを出題しました。これもいずれ医系論文の授業で取り上げる予定です。
 近接した出題となったのは大河ドラマ「風林火山」つながりなのかも・・・
 
 
[PR]
by sosronbun | 2007-10-30 08:55 | 医系論文

ボケまくり…

 10月上旬に風邪をひき、その後もセキがとまらず、もうかれこれ3週間。医者に行くと気管支炎と診断され、うがい薬と「不必要にしゃべらないように」などというアドバイスをいただく、そんなパターンを毎年のように繰り返しています。でもね、毎日しゃべるのが仕事だから「しゃべらない」というわけにもいかず、いつも長引かせてしまいます。
 明日はテストで授業がないのですが、ボクがいるNPOのセミナーがあって講演しなければなりません。おとなしくしゃべれば良いのですが、気づくと、ついつい一生懸命になってしまうので、静かな語りはこの先もずっと無理だろうなあ。
 なわけで、今日の授業も気づくと違うことを板書し説明してた・・・ボケまくりの毎日なのです。生徒の皆さん、だいぶ快方に近づいているので、しばらくは温かく見守ってください。しかし、気管支炎はともかく、このおびただしい仕事のヤマはいつになったらなくなるのか。考えてみたら8月下旬くらいから、ずっと休みがないなあ・・・
 予備校だけでなく、複数のNPOの複数の仕事をかけもちしていて、ポリバレントな自分を少し反省しています。でも、夜はしっかり眠れるので、これで何とかなってしまううのだろうなあ・・・
[PR]
by sosronbun | 2007-10-23 23:30 | 単なる雑談

食品偽装を考える

 不二屋から始まった一連の「食品偽装」事件は、ミートホープ、白い恋人、赤福・・・とおさまる気配はなく、今日はついに秋田名物の比内地鶏にまで及んだようです。仕事や遊びで和歌山県以外の都道府県すべてを訪れ、その土地の美味を味わい、銘菓・名産とご当地キティちゃん(我が子へのおみやげ…だよ)を買い求めてきたボクとしては寂しく・残念なかぎりです。
 これだけ続くと、個人的な思いはともかく、小論文入試の出題テーマとしても一応はおさえなければならないでしょう。ただ、「食品偽装」についてあなたの考えを述べよ・・・などという、あまりにストレートな出題はないはずです。予想されるのはあくまでも「食品偽装」がらみであり、この具体例にどのような「問題発見」をするかが問われています。
 すぐに思いつくのは、効率・利潤を追求する企業の宿命です。廃品とするより再利用した方が、バレなければもうかるし、「もったいない」という現場の素朴な感情にもマッチします。ひと昔前には余った具材やお酒を再利用していた飲食店が、それなりにあったはずです。社会的責任を負うべき大きな企業になっても、そうした場末の居酒屋やスナック的な感覚のまんまっだったのかもしれません。効率・利潤の追求と社会的責任をどう調整していけば良いのでしょうか?
 ポイントは、不正をすれば必ずバレるような仕組みを「「強く」することです。今回の赤福も内部告発がきっかけとのこと。その人たちの権利・利益を保護する公益通報者保護法という法律があります。まだまだ知られていなかったり、ミートホープ事件のように、せっかくの内部告発をどこかで握りつぶしてしまう現状があります。これを改め、この法律をもっと「強く」すれば、いつかはバレると観念して、悪いことを諦める企業も出てくるでしょう。
 他にもいろいろな問題の発見や解決策があると思います。ただ、これ以上話すと、今後のレギュラー授業や冬期・直前講習のネタがバレるので、このへんでやめておきます。何かを読んでおぼえることや教えてもらうという受け身の姿勢では、小論文を考え・書く力は身につきません。自分自身でも「食品偽装」がらみで、どこにどんな問題があって、それにどう対処すべきかを考えてみましょう。 
[PR]
by sosronbun | 2007-10-20 23:43 | まじめコラム

いわき・小名浜は遠かった

 今日は福島県いわき市で講演をしてきました。市内の小名浜にある物産センターが会場だったのですが、いわき駅からタクシーで到着すると「おさかな」目当ての観光客でごった返していました。平日ですが、豊かな社会の高齢者の消費意欲は旺盛です。物産センターなので旬のサンマ、カキなど、いろんな「おさかな」を売っています。焼いた魚やウニの香りにつられて観光しそうになりましたが、海鮮丼の昼食で元気をつけて2時間ほどの講演を無事終えました。
 それにしても遠い・・・。自宅から講演会場まで片道4時間強、往復で9時間近く(!!)。今日はただただ乗り物に揺られている感じでした。近くの温泉につかり、あんこう鍋でも食べてのんびりしたいところですが、それが許される状況ではなく、おとなしく「直帰」です。おみやげに「じゃんがら」という銘菓を買いました。「自安我楽」と書き、「自ら安んじて我を楽しむ」という意味なんだそうです。けっこうイイ言葉だなあと思いつつ、家人と早速食べました。
 遠かったけど、いつもとは違う景色をながめて、少しはリフレッシュしたかも・・・
[PR]
by sosronbun | 2007-10-15 22:51 | 単なる雑談

少子高齢化と民主主義

 慶大法のFIT入試(AO入試)に見事合格した生徒さんに聞いたのですが、政治学科の模擬講義+論述試験の今年のテーマが「これ↑」だったそうです。そう言えば、昨年、駿台の社会科学系の演習テストで取り上げたっけ・・・
 資料はないので詳細は不明なのですが、一般的には以下のことがよく主張されます。
 「少子高齢化により、相対的に高齢者の発言力が強くなり、それが政治に反映されると世代間格差がより深刻になる・・・」
 すでに高齢化率は20%を突破し、高齢者は増え続けています。高齢化率は全人口に占める高齢者の割合なので、有権者に占める割合はさらに高くなります。いずれ有権者の過半数が高齢者になる時代が来るでしょう。そのとき上記のような懸念が現実になります。
 たとえば、現在の日本の年金制度は「賦課方式」といって、現役世代の年金保険料によって引退世代の年金を確保しています。保険料は「負担」で、年金が「給付」です。負担は軽く、給付が多いことが庶民の夢ですが、現実はそんなに甘くありません。
 高齢化が進んだ結果、従来までの「給付」水準を確保するには、さらに「負担」を重くしなければなりません。逆に現役世代「負担」を軽くするには、引退世代に「給付」の引き下げを受け容れてもらわなければなりません。この「給付」と「負担」のあり方を決めるとき、民主主義は有効なのでしょうか?
 前述のように単純に数だけをみれば、「勢力」拡大中の引退世代が多数を制して有利なように思えます。しかし、そのように短絡的な解答はダメです。
 仮に年金の「負担」と「給付」が選挙の争点になっても、全員が選挙に行くわけではなく、世代ごとの投票率のよって結果は左右されます(若い世代ほど棄権率が高いので、実際は見かけ以上に高齢者の意思は強大なのですが・・・)。また、次世代に過度の苦労をかけたくないと考える高齢者もいて、数が多いからといって多くの高齢者が望む結果になる保証はありません。
 そもそも民主主義は数の政治であるとともに、理の政治でもあります。少子高齢化という数だけを見れば結果は明らかですが、理によってそれが大きく変わる可能性があります。こうした理の政治に近づけるには、どうしたら良いのでしょうか?かつて一橋大学法学部の論文試験で、そんな出題がありました。
 一見すると新しいテーマですが、実は民主主義の原理を正しく理解しているか否かが問われた出題だったのかもしれません。 
[PR]
by sosronbun | 2007-10-13 15:46 | まじめコラム

年金「着服」の情報公開

 こんなことしているから余計忙しくなるんですが、今日の午前に葛飾区役所に行って年金「着服」に関連する文書の公開を受けてきました。市区町村職員の「着服」については、社会保険庁が概要を公表しただけです。国民が強い不安と不満を抱いているのですから、もっと徹底した情報公開が必要だと考えたのです。
 報道機関数社が取材に来ていましたが、先ほどテレビ朝日がその様子をオンエアしました。(しばらくはインターネットで見られたのですが、10日夕に掲載終了となりました。)
 そろそろ時間なので、頭を切り替えて予備校の授業に行ってきまーす。

<追記>
 東京新聞の記事がネットにアップされています。なお、とりあえず葛飾区が公開した文書は、私がいるNPOのHPにもアップしました。厚生労働大臣が市区町村を怒鳴りつけて調査していたのに、実は足元(夜会保険庁)にも着服文書があった・・・というスクープなのですが、報道機関の中でその意味がわかったのは数社のみ。過度な期待はしていませんが、あまりの「感度」の悪さに、若いうち(受験生の頃)から鍛えないと「ダメだ、こりゃ」って感じです。そんなんじゃ、新聞協会賞は一生無理かも・・・
 以下にリンクを張っておきます。

 ●東京新聞の記事
 
 ●葛飾区が公開した文書
[PR]
by sosronbun | 2007-10-09 13:50 | 過去の記事