カテゴリ:お知らせ( 20 )

ブログの引越し

 今シーズンは以下のところに記事を書いています。そちらへお越しください。

 SOS論文教室 http://sosronbun.cocolog-nifty.com/
[PR]
by sosronbun | 2009-06-18 14:51 | お知らせ

新学期が始まります

ボクにとっての春のビッグイベント「さくら祭り」が終わると、いよいよ「社会復帰」になります。
今年度の授業は以下のとおりです。第1週(4/16~4/22)は50分の「公開授業」です。自己紹介をしつつ授業の基本方針や進め方を説明して、生徒の皆さんが選択するための判断材料を提供する場でもあります。
駿台で論文授業をとろうと考えている人は、まずは「公開授業」に参加してみてください。

○月曜日
 18:00-20:00 医系論文 立川校

○火曜日
 13:30-15:20 医系論文 お茶の水8号館
 18:00-20:00 医系論文 池袋校

○水曜日
 15:40-17:30 社会科学系論文 お茶の水2号館 
 18:00-20:00 医系論文 お茶の水8号館

○木曜日
 18:00-20:00 社会科学系論文 横浜校

○金曜日
 17:50-19:50 医系論文 札幌校(隔週授業)
 17:50-19:40 医系論文 仙台校(隔週授業)

…というように毎晩授業があるわけで、例によってホイホイ引き受けていたら実にタイヘンなスケジュールになってしまいました。健康管理に気をつけ、何よりも情熱とユーモアを忘れずに授業にのぞむので、皆さん、よろしくね!029.gif

なお、ボクのプロフィールは、以下の個人ホームページをご覧ください。

○情報料理人 奥津茂樹のホームページ
[PR]
by sosronbun | 2009-04-08 22:32 | お知らせ

東大後期の速報

 駿台が東大後期・総合科目Ⅲの解答速報をアップしました。他の予備校に先がけて一番乗りです。以下のリンクから、ご覧ください。

 ☆駿台の解答速報 東大後期・総合科目Ⅲ
 
 それにしても第1問が記述+1000字、第2問が1500字もあり、昨年の倍以上の字数です。この二つの問題を120分で解答させるとは…東大は何を考えているのでしょうか?・・・ナゾです。分量が多いだけでなく、内容も簡単ではありません。
 
 昨晩は帰宅が遅かったので、速報の解答例は夜中に書き上げました。少し寝たあとに、今度は連載原稿を昼までに仕上げました。集中して計6000字書いたので、さすがに少し疲れました。
[PR]
by sosronbun | 2009-03-14 16:17 | お知らせ

予備校以外の「お仕事」

 朝日新聞社の「Jounalism(ジャーナリズム)」最新号に、「市民の立場から制度の可能性と限界を考える」という論文を書きました(タイトルは長くて日刊ゲンダイ風だけど・・・)。情報公開と調査報道という特集の中の一文です。ジャーナリストをやんわりと(?)叱咤激励した文章です。どなたでも購入・購読できます。リンク先のページからお申込みください。

 ●朝日新聞社「Jounalism(ジャーナリズム)」最新号
 
 地元・宮崎台の「さくら祭り」もまもなく開催です。ボクはステージとホームページを担当しています。一足先に「さくら咲く」結果となった皆さん、ぜひ友人と遊びに来てください。ただ、当日は駆けずり回っていて、接待できないと思うけど・・・。しかし、開花予想が早まり、「葉ざくら祭り」になるのではないかと心配です。

 ●宮崎台さくら祭りのホームページ
[PR]
by sosronbun | 2009-03-12 00:28 | お知らせ

小論文の問題集

 今後の学習に役立ててもらうため小論文の問題集をつくりました。以下のリンクからアクセスしてください。情報の提供はPDFファイルでやっているため、携帯ではなくPCの方が良いと思います。なお、アクセス制限をしているので、授業のときに話したユーザー名とパスワードが必要です。

 ○文系論文問題集
   慶大の法については解答例、復元合格答案を掲載しています。
   慶大の他の学部についても問題(一部復元合格等案あり)を掲載しています。
   オリジナル問題(20問)のほか、東大、一橋等の後期・論文試験を掲載しています。

 ○医系論文問題集
   医学部の問題集です。
[PR]
by sosronbun | 2009-03-03 22:00 | お知らせ

駿台が解答速報をアップ

 駿台が慶大法の解答速報をアップしました。以下のリンクからお読みください。なお、慶大文は昨晩アップされました。

  ○駿台の解答速報(慶大法)

 書いた本人が自慢してはいけませんが、特に「分析」は段違いの詳しさだと思うので、絶対に読んでくださいね。某予備校は「セキュリティ社会」をはずした解答例をアップしていますが、他人事ながら、かなり驚くとともに少し心配になりました。ボクもボケかまさないよう、もっともっと「精進」しなくっちゃ…
[PR]
by sosronbun | 2009-02-18 23:39 | お知らせ

明日の慶大文がんばってね

 明日は慶大文の入試です。受験する人は、これまでの努力を信じて、がんばってください!066.gif
 小論文試験は設問をよく読み、それに対する答えやヒントを探しつつ、課題文を読むと効率的です。文学部の課題文は法や経済に比べて長いので、「深み」にはまり込まないよう注意しましょう。絶対に合格して「復元答案」を書いてください。
[PR]
by sosronbun | 2009-02-14 14:37 | お知らせ

最後のチャンス

 あと1週間で慶大文系の入試が始まります。医学部も先日の自治医科大学2次試験など、論文が必要な入試がすでに始まっていますね。何か質問があったら、コメント欄を利用して遠慮なく質問してくださいね。
 また、来週は以下の日程で駿台の各校舎に出かけます。2次・私大演習の個別指導の時間枠なので該当者を優先しますが、直接に質問したい駿台生はお越しください。なお、当初予定していた2/9の立川校は休止となりました。

 ☆2月10日(火)17:00-18:00 横浜校・講師室

 ☆2月11日(水)17:00-18:00 お茶の水3号館・講師室
[PR]
by sosronbun | 2009-02-07 15:41 | お知らせ

センター試験、お疲れさま

昨日、センター試験が終わりましたね。まずは、お疲れさまでした。
とにかく「結果」は出たわけで、これと正面から向き合い「進路」を思案してください。

文系の受験生で慶大や後期試験も視野に入れることになった人は、あわてず騒がず小論文対策の準備を始めてください。この記事を読んでいる人の中には、これまで小論文を何もやってこなかった人もいるかもしれませんね。そういう人はマニュアル本やネタ本に走りやすいのですが、右のカテゴリにある「小論文FAQ」をざっとで良いから読んでみましょう。

医系の受験生の中には、評価が読めない小論文や面接があることを理由に、志望校の選択肢を狭める人をときどき見かけます。しかし、苦手意識は吹き飛ばし、センター試験の「結果」を踏まえて、もっとも適切な選択をしてください。これまで医系論文を受講してきた人は、論文力や面接力で十分にアドバンテージがあると思います。必要に応じて、それらの「保険」を活用しましょう。

質問があったらコメント欄に書き込んでください。「ここ」にたどり着いたのも何かの縁なので、受講生でなくても遠慮なく、どーぞ。
[PR]
by sosronbun | 2009-01-19 22:30 | お知らせ

平和を求める市民活動

 イスラエルによるガザ地区への攻撃に対して、「蟷螂の斧」(読めるよね?)かもしれないけど何かできないだろうか?と考えていたら、NPOの知人からメールが届きました。以下のサイトで国連安全保障理事会、ヨーロッパ連合、アラブ連盟、およびアメリカ合衆国に対する請願(petition)の署名を集めているとのこと。ボクと中3の我が子も早速署名しました。あとで、かみさんも署名する予定です。
 なお、署名サイトを運営しているAvaaz.orgは、国際市民団体 Res Publica と、インターネットでの市民運動の先駆者である米国のMoveon.org により共同設立されたネット運動体だそうです。

 ■GAZA: STOP THE BLOODSHED

 署名方法は簡単で、以下のページの水色の「Sign the petition」に名前、メールアドレス、国名を入力して、ピンク色の「send」をクリックするだけです。Cell/Mobile(携帯電話番号)、Postcode(郵便番号)は省略しても大丈夫とのこと。いまはあとでお礼の手紙(英文)が来ます。
 ページに署名数のカウンターがあります。5日間で目標の200,000筆(日本語では署名の数をこのように数えます)に達し、この記事を書いている現段階では300,000筆めざして刻々と増え続けています。

 また、NPOの日本国際ボランティアセンター(JVC)が以下のサイトでパレスチナに対する緊急医療支援の情報を流しています。クレジットカード等による募金集めもしています。受験生はクレジットカードを持っていないだろうから、皆さんの代わりにボクもあとで振り込もうと思います(少額ですが・・・)。

 ■JVCによるパレスチナ医療支援

 これらの取り組みを無力だと哂う人もいるでしょう。でも、「傍観しているよりはよっぽどマシだ」とボクは考えます。忙しい受験生に協力を強いませんが、これを素材にして、自分自身は社会・世界とどう関わるのかを考えてみましょう。
 



 
[PR]
by sosronbun | 2009-01-07 16:44 | お知らせ